謎の虫さん



とある日、水やりをしているとぶーんという音をたて近づいてくるものが。

危険を感じ急いで室内に待機。その後、やっぱり先ほどのは何だったのだろうと

元の場所へ戻り見に行ってみました。するとそこには・・





 アリでしょうか、ハチでしょうか、それとも・・?


正解はハチです!クロアナバチ
(黒穴蜂)といって黒く光沢があり、半透明の暗褐色頭部には白色があるのが特徴です。

そして、ハチの目の前にある小さな穴、実は巣なんです。

地中に坑道を掘りで作ったを作るそうです。

帰宅時にまた様子を伺うと・・



今度は消えているではありませんか。(ちなみに同じ場所です)


なんとクロアナバ、働きに出る際にはこの穴を塞いでおく習性があるそうなのです。実に面白いです。

他にも面白い特徴を持っているので気になった方は調べてみてくださいね。
                                                                                                                                                                                                          


2018-09-11 yk



ラブアース・クリーンアップ2018

6月10日(日曜日)、今年もラブアース・クリーンアップが開催されました。

これは、市民、企業、行政が協力し合って福岡市の海岸や河川で行われる環境美化活動です。この活動が早良実習場を含む生の松原海岸でも行われました。

今年は福岡市の職員の方の情報によると昨年よりも多くの参加があったそうです。






はい、恒例となっている「エイ、エイ、オー」で気合いを入れ、ゴミを集めました。





雨が心配されていましたが、なんとか降らずに作業を終えることができました。







皆さま、お疲れさまでした。綺麗な海岸を歩くと心が晴れやかになりますね。また、来年もがんばりましょう。




2018/06/15 yk

サヨウナラ

ここ数日、暖かくて、すっかり春らしくなりました。
林の光景もどんどん変わっています。


木々の間にチラチラ見える可愛らしいヤマザクラ。



少し遅れてオオシマザクラもそろそろ咲き始めました。


足下にはセイヨウタンポポ。


ウバユリの群生地も若いピカピカした葉がたくさん出ていました。


海辺ではハマボウフウが葉を見せ始めましたよ。

キクイタダキ(スズメ目キクイタダキ科)
あ、水浴び場にキクイタダキが遊びに来ました。


日本で最小の小鳥のひとつ、キクイタダキ。頭の上に黄色いキクの花びらをのせたように見えるところからその名前がついています。

新緑や木々の芽生え、咲き始める花々...春は新しさをいちばん感じる季節だと思います。


同時にそれはお別れの時でもあるのですね。

カンムリカイツブリ(カイツブリ目カイツブリ科)
海岸から眺める沖のカンムリカイツブリたちも、すっかり姿を消してしまいましたし、

シロハラ(スズメ目ヒタキ科ツグミ亜科)
ミヤマホオジロ(スズメ目ホオジロ科)
ジョウビタキ(スズメ目ヒタキ科)
先週まで見かけたミヤマホオジロやシロハラ、ジョウビタキもいなくなって、
冬の林の中を楽しくしてくれた冬鳥たちとはお別れです。

サヨウナラ。また会いましょう。

2018-03-30 nk

春の嵐とビンズイ

昨夜から強風が吹き荒れて、春の嵐となりました。
林を見回りましたが何事もなく、安心しました。


でも海は荒波。写真では穏やかに見えますが強風です。


あ、林の中にビンズイがいました。風で背中の羽毛が立っていますね。

ビンズイ(スズメ目セキレイ科)
ビンズイは枝にとまると、その枝上をトコトコ歩くことがあります。


今日は歩いてくれませんでしたので、以前撮った写真を載せてみます。
平均台にでも乗っているようで面白いです。


2018-03-01 nk

迷い鳩

昨日の午後、倉庫の入り口に見慣れないお客さんが立っていました。


ドバト(カワラバト)です。あら、脚環を付けていますよ。


くちばしの付け根のところの鼻こぶ(鼻りゅう、あるいは蝋膜)がハートの形をしていて可愛いです。


弱っているようでジッとうずくまったままでしたが、そのうちに飛んで倉庫の中に入りました。

日本伝書鳩協会と日本鳩レース協会のホームページには、脚環をつけた迷い鳩を保護した場合の対応の仕方が載っていましたが、
このハトは脚環に電話番号が付いていましたので、飼い主さんとすぐに連絡がとれました。


さて、今朝のハト君です。鉢植えの蘭の葉をかじっていたようです。


持って来た小鳥のエサをまいてみるとついばんでいましたから、少し元気になったかな。


作ってやった寝床は使わなかったらしい...。

その後、レース鳩の配送業者が鳩箱を持って受け取りに来られましたので、無事に送り出しました。


半日でも“一つ屋根の下”にいたハトがいなくなると、少し寂しい感じがしました。
サヨナラ~また青い空を元気に飛べるようになりますように。


2018-02-20 nk